9/4 相続・遺言相談事例31

【相続・遺言相談事例31】

Q:司法書士の先生にお伺いいたします。
故人の銀行通帳が見つからず、相続手続きが進みません。どうすれば良いでしょうか?(和歌山)

私は和歌山県に住んでいる50代の会社員です。先日、和歌山の実家で父が亡くなり、葬儀は和歌山市内の斎場で行いました。相続人は母と私と弟の三人になります。
相続手続きを進めるために相続財産を調べているのですが、父の退職金が入っているはずの銀行の通帳とカードが見つかりません。
父は退職金には手を付けていないと話していたので、どこかにはあるはずなのですが、どこかに預けているでしょうか、三人で家中を探しても見つかりません。どこの銀行かもわからず、問い合わせることも出来ません。父が元気なうちに、もっといざというときのことを話し合うべきであったと痛感しています。
このような状況なのですが、父の口座を調べることは可能でしょうか?(和歌山)

A:相続人の証明のために戸籍謄本を用意すれば、銀行から残高証明書を取り寄せることができます。

通帳やカードなどの全ての財産情報を遺族が把握していることはむしろ稀ですので、まずは落ち着いて、亡くなったお父様が遺言やエンディングノートを作られていないかをご確認ください。
また、遺言やエンディングノードでなくても、財産情報についてどこかにメモなどでまとめている可能性もあります。

そういったものが全く見つからなかったとしても、相続人は相続手続きを進めるために、銀行に対して故人の口座の有無、また口座の残高証明や取引履歴などの情報開示を求めることができます。
これらの請求をする際は、相続人であることを証明するための戸籍謄本の提出が求められますので、あらかじめ準備をしておきましょう。

遺品整理をすると銀行からの郵便物や粗品、カレンダーやタオルなどが出てくることがありますので、その銀行に問い合わせてみましょう。手掛かりになりそうなものが全く見つからなかった場合は、ご自宅や、お勤めになられていた会社近くの銀行に直接問い合わてみましょう。

相続人の調査、財産の調査等、相続手続きには面倒や負担も多く、思うように手続きが進まず予想以上に時間がかかることもあります。
和歌山相続遺言まちかど相談室では、経験豊富な相続の専門家が在籍しており、お客様の様々なお困り事や不安に対して丁寧にご対応させていただいております。
戸籍の収集から財産調査、相続手続き全般について相続の専門家が豊富な経験をもとにしっかりとサポートさせていただきます。

和歌山にお住まいで、相続についての相談がある方は和歌山相続遺言まちかど相談室の無料相談をご利用ください。
和歌山の司法書士が親身になって相続や遺言書作成、生前対策に関して全力でサポートをしております。お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: その他 パーマリンク