3/13 相談事例:父の相続手続きを進めたいが、同居していた姉が財産を開示しない(和歌山市)

Q:父の相続手続きを進めたいが、同居していた姉が財産を開示しない(和歌山)
父が亡くなり、相続の手続きを進めなければなりませんが、父と同居をしていた姉が父の預金や財産に関する情報を開示してくれません。遺産としては、和歌山の実家の不動産と、預金が銀行にあるはずです。しかし、姉は預金は無いと言い張り、話が進みません。すでに父が亡くなってから二か月が経っていますが、手続きを進められない状況です。どうしたら相続できるでしょうか。(和歌山)

A:相続人であれば、被相続人の財産調査をして内容を知る事が出来ます。
ご相談者様はお父様の法定相続人ですので、被相続人の財産についての情報を調べる事が可能です。財産の調査は、被相続人の財産がどこに、どれくらいあるのかと調べる調査です。預金でしたら取引のあったであろう銀行に対して残高証明書の発行を請求する事ができます。発行を依頼する際の必要書類は、各金融機関で内容が異なりますので事前に確認をしておきましょう。被相続人と相続人の戸籍謄本などが必要となりますので、財産の調査が必要な場合は余裕をもって進める事をお勧め致します。
こういった手続きは、通常なかなかご自身でされる手続きではありませんので、分からない事が多い場合などは私ども相続の専門家へとご相談下さい。相続財産の調査を一からサポートさせて頂く事が可能でございます。我々が手続きをする事で、隠されていた財産が開示される事もございますので、親族が財産の開示を拒んでいる場合や、解決方法が分からないといった方はぜひ一度当相談室の無料相談へとお越しください。初回無料の相談から、親身にサポートをさせて頂きます。

カテゴリー: その他 パーマリンク