裁判関係

司法書士による裁判サポート

裁判について、司法書士は目的物の価格が140万円を超えない民事事件については、簡易裁判所の訴訟の代理や、示談交渉をすることが認められています。また、140万円を超える民事事件裁判についても、本人訴訟の支援として裁判所に提出する書類の作成などにより、依頼者のトラブル解決のサポートができます。

事件の類型

債権回収 「貸したお金を返しもらえない」「商品代金を払ってくれない」等。

損賠賠償請求 「物を壊されて弁償してほしい」「慰謝料を請求したい」等。

労働問題 給料未払い・サービス残業・不当解雇や職場いじめなど。

建物明渡 住人が家賃を支払ってくれないので、明け渡しを求めたい。

まずはお電話かメールでご連絡下さい。 当事務所では無料相談(初回)のご予約を承っております。まずは、お電話またはお問い合わせフォームにてご連絡ください。休日・夜間でもご相談に応じます。(要予約)

裁判の費用と報酬

裁判サポートをご依頼の際には、費用について詳しくご説明の上、契約書を作成します。事前にご説明のない費用のご請求はありませんので、安心してご依頼いただくことができます。

「頼みたいけどお金の用意がむずかしい…」 という方には、法テラスの法律扶助制度をおすすめします。 (収入または資産が一定額を超えない方がご利用できます)

訴訟代理・示談交渉 (簡易裁判所)

140万以下の請求で簡易裁判所の訴訟代理についての報酬です。着手金は受任時に必要な費用、報酬は判決や和解で認められた金額に対してかかります。このほかに収入印紙・郵券などの実費が必要です。

事件の種類 司法書士報酬
通常訴訟・少額訴訟
民事調停
以下の表により計算します。
経済的利益の額 着手金 報酬金
30万円未満 30,000円(税別)~ 15%+税
30万円以上 50万円未満 50,000円(税別)~
50万円以上 70万円未満 60,000円(税別)~
70万円以上 100万円未満 80,000円(税別)~
100万円以上 140万円未満 100,000円(税別)~
即決和解
(訴え提起前の和解)
30,000円(税別) 10%+税
支払督促 通常訴訟に移行した場合を除く 30,000円(税別) 10%+税
少額訴訟債権執行 30,000円(税別) 10%+税
仮差押命令申立
(不動産、債権等)
70,000円(税別) 70,000円(税別)

※収入印紙代・郵券代などの実費が別途必要です。

裁判書類作成業務・本人訴訟支援(簡易裁判所、地方裁判所)
事件の種類 司法書士報酬
訴状作成 50,000円(税別)~
答弁書
準備書面書証作成
1枚につき 10,000円(税別)~
打ち合わせ・調査等 30分 5,000円(税別)
出張日当
(裁判所同行など)
移動時間含め
半日(4時間以内)20,000円(税別)
全日(4時間超)40,000円(税別)

※収入印紙代・郵券代などの実費が別途必要です。

裁判書類作成業務 (家庭裁判所)
事件の種類 司法書士報酬
相続放棄申述受理申立書 相続人一人につき30,000円(税別)~
相続開始から3か月を経過している場合は、別途10,000円(税別)が必要
相続財産管理人選任申立書 60,000円(税別)~
成年後見、保佐、
補助開始申立書
100,000円(税別)~
任意後見契約 100,000円(税別)~
遺言書検認申立 40,000円(税別)~

※収入印紙代・郵券代などの実費が別途必要です。